名古屋市中川区 ベビーマッサージ教室 親子ふれあい教室 HappyMarch

うちの子いつになったら歩くの?ハイハイ期間が長い子のほうが運動神経がいい?

うちの子いつになったら歩くの?ハイハイ期間が長い子のほうが運動神経がいい?

歩き出すのは遅くて大丈夫。ハイハイは心と体を強くします。

30a9ee4c07153bdd1b4cf487e3cdea6e_s

 

1歳の時期に十分体を動かすことはやる気につながります

 

1歳前後になると、子どもの運動量はかなり増えます。

 

それまでは寝返りをしたり、手足をバタバタ動かしてその場所だけでの運動だったのが、ハイハイが始まると好奇心のままに自分の行きたいところへ移動できるようになります。

 

この時期に体を十分に動かしてあげましょう。体を十分に動かすことは、心や知能の発達に大きく影響し、子どものやる気にもつながります。

 

ハイハイをすると心も発達する?

 

子どもは成長する課程で、イライラして乱暴になったり、暴れたるする時期があります。

 

それは自分の思いを言葉で上手に伝えることが出来ないから、自分の感情をうまくコントロールすることが出来ないからです。

 

感情をコントロールする機能は運動機能と密接に関わっています。

 

ハイハイをすると腹部の筋力が発達し鍛えられます。腹部の筋力が発達すると我慢ができるようになるので、心の発達につながるのです。

 

ハイハイは腕の力とバランス力を強くします

 

ハイハイは腕と上半身の筋力を強くする効果があります。

 

上半身の筋力が発達しているとバランスを取る事が上手になります。ハイハイをあまりしないまま歩き出した子どもは、腕や上半身の筋力が十分発達していない傾向があります。

 

そのため体のバランスが悪く腕の力が弱いため、バランスを崩して転んだり、転んでも手をつかずに顔に怪我をしてしまうケースもあります。

 

ハイハイの時期にはしっかりとハイハイを十分にさせてあげてください。

 

早く歩いてしまっったら、お母さんが一緒にハイハイをして遊びましょう

 

ハイハイをあまり経験しないで歩き出してしまった場合は、お母さんが意識的にハイハイをさせてあげるようにしましょう。

 

手押し車をしたり、お母さんと一緒にハイハイ競争をすると遊びながら腕を強化させてあげることが出来ます。

 

お父さんの背中に乗って落ちないようにしがみついたり、室内用のジャングルジムを置いてあげると上半身が強くなります。

 

自然の中で思いっきり遊んで、転がったり落ちたりする経験もさせてあげましょう。

 

1歳前後は広いところでハイハイをいっぱいさせてあげて!