名古屋市中川区 ベビーマッサージ教室 親子ふれあい教室 HappyMarch

子どもが園でのことを話したくなる秘訣

子どもが園でのことを話したくなる秘訣

ママがあれこれ質問するのではなく子どもの今に注目して記憶を引き出してあげましょう。

0dd2220c5727850376d283490f17aaa6_s

質問をするよりも先に目に見えたことを言葉にしてあげましょう

 

5歳くらいの子はまだ頭の中の記憶を整理する能力が未熟です。

 

ですので、質問よりも先にママが目に見えていることを言葉にして子どもに伝えてあげることで、子どもの記憶を引き出してあげることが出来ます。

 

「右手に水色のクレヨンがついてるから今日はクレヨンを使ったんだね」「靴下に泥がついてるから今日はお外で遊んだんだね」と、ママが気がついたことを言葉にすることで、「うん、今日はね、海の絵をかいたんだよ。」「〇〇くんと追いかけっこして僕のが早かったんだよ」なんて思い出したことをうれしそうに話してくれますよ。子どもの今に関心を示して言葉にしてあげましょう。

 

 

質問の最初は”はい”か”いいえ”で答えられるクローズドクエスチョンを使いましょう

 

もっと子どもの様子が知りたいと思って、ついつい「誰と遊んできたの?」「何をしたの?」って尋問のように子どもに問い詰めていませんか?

 

ママとしては子どもが園でどのように過ごしてきたのか、色々と知りたいと思います。

 

ですが、帰ってきていきなりママにあれこれ質問されると、かえって子どもを混乱させてしまいます。

 

これが毎日となると子どももうんざりして話したがらなくなってしまうかもしれません。

 

最初の質問は「今日は園は楽しかった?」「給食はおいしかった?」等子どもが”はい”か”いいえ”で答えられる質問をしてあげましょう。

 

この質問の仕方をクローズドクエスチョンと言います。

 

逆にオープンクエスチョンは相手に考えさせたり自由に答えられる質問です。

 

記憶の整理が未熟な時期にはオープンクエスチョンではごちゃごちゃの頭から記憶を引き出しにくいので、クローズドクエスチョンを使いましょう。

 

”わからない”といわれたら「思い出したら教えてね」と伝えましょう7

 

目に見えたことを言葉にしてもクローズドクエスチョンをしても「わからない」「別に」なんて答えることもあります。

 

うそをついているわけではなくて頭の中がごちゃごちゃでうまく引き出してあげられなかっただけです。

 

そんな時は「何でわからないの?」っと責めるのではなく「思い出したら教えてね」と伝えてあげましょう。

 

お風呂に入っている時や寝る前のリラックスした時に「ママー、そういえばね・・・」と思い出して話してくれることもあります。

 

子どもが思い出して話してくれた時は「ありがとう、ママうれしいわ」と伝えて上げてくださいね。

 

どもの話を引き出すには目に見えたことを言葉にして伝えて!