名古屋市中川区 ベビーマッサージ教室 親子ふれあい教室 HappyMarch

うそつきな子なんていません。小さなうそはママからはじまる?

うそつきな子なんていません。小さなうそはママからはじまる?

子どもが嘘をつくときは自分を守るためのことがほとんどです。話しやすい環境づくりをしましょう。

yjimagenhj21dyf

 

子どもが最初に嘘をつくときは悪気なんてありません

 

子どもにうそつきな子なんていません。

 

「これこぼしたでしょ」と怖い顔でママに言われて「僕じゃない」「私じゃない」そんな会話を子どもとしたことはありませんか?

 

明らかに子どもがこぼしたことは確かでも、子どもはこぼしたと言えばママに怒られるのはわかっているので、自分を守るために「僕じゃない」「私じゃない」と反射的に答えてしまいます。

 

その時は「ママをだましてやろう」なんて気持ちはありません。

 

ただ自分がママに怒られないように見え透いたの嘘を言うのです。

 

 

失敗しても子どもが言えるような環境づくりをしましょう

 

子どもが失敗したときに、ママはどんな対応をしていますか?

 

子どもが泣くまで怒ったり、「ほらだから言ったじゃない」と子どもを責めたりはしていませんか?

 

この対応を繰り返していると、子どもは失敗することはいけないことだ、ママに怒られることだと理解するようになります。

 

そうすると、ママに認められたい、怒られたくない一心で嘘をついてしまうことが出てくるのです。

 

嘘をつかなくて済むように、普段から子どもの失敗を怒ったり責めたりせずに成長のために必要なことと温かく見守ってあげましょう。

 

 

嘘をつくのはお母さんが知ったら怒られると思っているからです

 

子どもは自分が失敗したときに、ママがどう対応するのかを予測できる予測脳というのが4歳くらいに育ちます。

 

4歳くらいまでの子どもは、失敗したり怒られても何度も同じことを繰り返しませんか?

 

それは予測脳が育っていないので、自分がとった行動の後どうなるのかという予測できる力が育っていないからです。

 

例えば机の上に乗るのは危ないからと何度も注意しても子どもが繰り返すのは、自分の知的好奇心を満たしているからなのです。

 

4歳くらいになると机の上に乗ったら怒られると予測はできるようになります。

 

ただ、好奇心が勝って、机に乗った後に「しまった。怒られる」と気づくのです。だから、見ていたママから「机の上に乗っていたでしょ」と言われて「乗っていない」と見え透いた嘘を言うことになるのです。

 

 

「嘘つき」と責めるよりも正直に言った時に「ありがとう」を伝えましょう

 

子どもが嘘を言った時に「嘘つき」と責めてしまうと、子どもに‘嘘つき’だというレッテルを貼ってしまうことになります。

 

もちろん嘘をつくことはよくないことですが、子どもが嘘を言った状況をママは理解してあげましょう。

 

子どもが素直に自分のやったことを認めたときは「話してくれてありがとう」と伝えましょう。

 

そうすることで、素直に話すと気持ちいいということを学びます。

 

嘘をついてしまった子どもを責めるよりも、嘘をつかなくてすむ環境にしてあげることに意識を向けましょう

 

 

子どもが嘘をついたときは、素直に話してくれたら「ありがとう」と伝えて!