名古屋市中川区 ベビーマッサージ教室 親子ふれあい教室 HappyMarch

1歳の時のママの接し方でやる気が育つかどうかが決まる?

1歳の時のママの接し方でやる気が育つかどうかが決まる?

1歳 2016.9.6 01:47

1歳児はママの「できたね」がやる気スイッチに

子どもは日々成長して新しい発見をしています。どんな小さなことでも見逃さずに声をかけてあげましょう。

 

子どもがキラキラの目で何かを発見したらすかさず「できたね。」とママも一緒に喜んであげましょう。

 

子どもは好奇心の塊です。

 

周りにあるものすべてが子どもにとってが大切な体験です。

 

小さなできた、ママも一緒に喜んでくれたその体験がやる気の素になります。

 

このときに「えらいね。」という言葉よりも「音が鳴ったね。」「開いたね。」と具体的に伝えてあげましょう。

 

ママがつい言ってしまう言葉がやる気を奪う

1歳はすべてが遊び道具です。

 

 

そのためママが触って欲しくないものもお構いなしです。

 

この時期はやる気を育ててあげるためには何でもやらせてあげるのが一番ですが、危険なものや触って欲しくないものについてはしっかりと伝えましょう。

 

つい「ダメ」と言ってしまいますが、何にでも「ダメ」と言っていると大きくなってから、「ママがダメって言うから・・・」と本意が伝わらなくなってしまいます。

 

「危ないよ。」「痛いよ。」としっかり理由を伝えてあげましょう。

 

1歳児には舐めることも学習

 1歳児はとにかく好奇心いっぱいです。

 

 

今までは動くことができなかったのがはいはいしたり歩いたりできるようになり一気に行動範囲が広がります。

 

目に入るすべてのものが気になって舐めたい・触りたいのです。

 

ママとしては痛い思いをしてほしくない、汚いものは口に入れてほしくないと気になってしまいますよね。

 

子どもの成長は口でしっかりと確かめることができたら手で確かめられるように発達が進んでいきます。

 

よだれには消毒効果もあるのでこの時期には命に関わるものには気をつけてしっかりと舐めさせてあげましょう。

 

見守る力がママ力UPの近道

 

子どもが困っていたり違うやり方をしているとつい口や手を出してしまうことはありませんか?

 

ママとしては子どもを助けてあげたいという気持ちからそうしてしまうと思います。

 

子どもはいろいろな体験をしてたくさんのことを吸収しています。

 

遠回りに見えるようなことでも子どもにとっては大切な体験となります。

 

ママは言いたい言葉・出そうとした手をちょっと我慢して見守ってあげましょう。

 

「大丈夫」と心の中で応援しながら、できたときは笑顔で「できたね。」と伝えてあげましょう。

 

1歳はやる気が育つ大切な時期です。子どもをしっかりと「できたね」と声をかけて

LINEでも色々なおはなしをお届けしています

  LINEでは、いろいろな子育ての情報だけでなく、 メールでお届けできないような 普段子どもたちに作っているお菓子とか プライベートな写真もときどき公開していく予定です。   配信はだいたい月に1回くらいです。もし良かったら参加してみてくださいね♪ 友だち追加 LINE@ID:@zdb4534u