名古屋市中川区 ベビーマッサージ教室 親子ふれあい教室 HappyMarch

親子の信頼関係を築くのに大切なこと 

親子の信頼関係を築くのに大切なこと 

HappyMarch通信 2019.7.24 09:18
おはようございます、 田辺です。


夏休み、 始まりましたね〜!!
昨日は息子の 中学校生活最後の 公式戦の応援に行ってきました♪


一番下のむすめも 「はーち!!」 って応援(笑)


負けたら引退で 残念ながら負けてしまいました。


あっという間の 中学の部活。
どらだらけのユニフォームを洗うのも 今日が最後って思うと 思わず汚れたズボンを しばらく眺めちゃいました。


もう部活カバンを持って ユニフォームを着て 「行ってきます」っていうのを 見れなくなるかと思うと さみしいです。


一番小さかったのに 1・2年生が入ってきて いつの間にか大きい方になっていてびっくり!!
子どもは 身体も心もどんどん 成長していっているんですよね。


ママってついつい 子どもをいつまでも子ども扱いして 口を出してしまいがちです。


私もわかってはいても 我慢しきれず行ってしまうことが・・・。


先日も 片付けのことで つい言いすぎてしまったんです。


そうしたら 暴言をはいて出ていったのですが
息子が部活に行った後 パソコンを開けたら 「くそうぜー ごめんねー」 紙が貼ってありました!!
今でもその紙は 貼ったままです♪


息子は 口がすっごく達者で 口での攻撃力がすごいんです。


だから 家族に対しても きつーい一言を言うことはしばしば。
でも息子のすごいところは 悪いと思ったらちゃんと謝れるところ。
小さいころから 私が「ごめんなさいって言いなさい」と しつけたから!! ではありません。
逆に 謝らせるということは あまりしませんでした。


何か悪いことをしてしまった時には 一人で考える時間を与えて しばらく放っておいたんです。


ちゃんと自分で反省して 心から相手に謝れるようになりました。


言葉だけで 「ごめんなさい」っていうことを教えれば 「ごめんなさい」って言っておけば いいんでしょって学習してしまいます。




本当に大切なのは ごめんなさいと言うことではなく ごめんなさいって感じること。
もちろん私も 子どもたちに一方的に行ってしまった時や 間違った時には素直に謝るようにしています。


子どもと信頼関係を 築いていくのには 「ありがとう」 「ごめんなさい」 を心から伝えることって大切だと感じているからです。


あなたは お子さんに 素直に「ごめんね」って 伝えらていますか??
子どもと過ごす長い夏休み しっかりと信頼関係を 築いていきましょうね♪


LINEでも色々なおはなしをお届けしています

  LINEでは、いろいろな子育ての情報だけでなく、 メールでお届けできないような 普段子どもたちに作っているお菓子とか プライベートな写真もときどき公開していく予定です。   配信はだいたい月に1回くらいです。もし良かったら参加してみてくださいね♪ 友だち追加 LINE@ID:@zdb4534u