名古屋市中川区 ベビーマッサージ教室 親子ふれあい教室 HappyMarch

いつ歩き出すのって悩んでいませんか?

  もしかしてうちの子発達に異常があるの? なんて焦って無理に歩かせようとしていませんか? ハイハイ長期戦の焦りから解放される方法があるんです。   「○○ちゃんはまだハイハイなのね。」
「そうなの。なかなか歩かなくて。発達が遅いのかな・・・。」   「歩かない方がいいよ。うちの子なんて歩いてすぐどこか行っちゃって目が離せないから。 ハイハイしていてくれた方が楽よ。」   1歳過ぎて歩かない・・・と焦る気持ちがある中で、 こんな風に誰かの何気ない一言に傷ついて凹んだことはありませんか?

周囲の人の言葉に自信をなくす毎日

  子育て広場や支援センターに行って他の子と触れ合わせてあげたいと思って行ったのに、 わが子の成長が遅いことが気になってしまって、 楽しめず悲しい思いをして帰ってくるなんてこともありますよね。   実家に連れて行けば、   「まだ歩かないの?」 「ちゃんとご飯食べさせてるの?」 「保健所の人には相談した?」 「近所の○○ちゃんの子はもう歩いてたわ。」   と色々と質問されがっかりされたり、 他の子と比べられて悲しくなったり。   発達が遅いのは私の接し方のせい? と自分を責めてしまうそんな経験はありませんか?   でもそんな風に悩んでいるのは、 あなただけではないんです。   初めまして、田辺ともこと申します。                             私は愛知県名古屋市でベビーマッサージ教室を運営していますが、 講座に来てくださるママやメールで相談をしてくださるママたちと接する中で 同じように悩むママたちのお話を聞いてきました。  

他の子と比べて悩むママたち

その中には、   「どうやったら早く歩けるようになりますか?」   「つかまり立ちはするのに、いざ動こうとするとハイハイに戻ってしまう」 といった相談がありました。   1歳くらいの子を持つママの悩み 「首が据わらない」 「寝返りをしない」 「お座りをまだしない」 はお子さんの体の発達のことがほとんどなんです。   その中でも赤ちゃんから幼児への大きな変化ともいえる ハイハイからあんよになるのが遅いと 焦りが出てきてしまうママが多いんです。   特に初めての子だと、 他のこと比べて不安になったり焦ったりしてしまう気持ちよくわかります。  

ハイハイするわが子が誇らしく思える

そんな不安な毎日を送っているママたちに  
  • ハイハイは成長をする上でとても大切な発達段階であること
  • 早く歩いたからといって順調に発達している証拠ではないこと
  • 自然と歩けるようになる遊び
  をお伝えすると、 歩かないことへの焦りがなくなり安心してもらえました。   赤ちゃんがハイハイを通じてたくさんの成長に欠かせない体験を吸収しているところを、 間違った誘導によって無理に歩かせてしまうなんてもったいない!と感じることもありました。   講座で直接ママたちとお話をしたり、 メールでお答えしていく中で、 同じように悩んでいるママたちにもっとお役に立てたらと思うようになりました。   たかがハイハイですが、 ハイハイって子どもが成長するうえでとても欠かせない動きであり、 奥が深いのです。   うちの二人の子どもたちは、上 の息子は1歳前に歩き始めてハイハイが短めでした。 下の娘は1歳過ぎてもハイハイしていて長めでした。   息子の時は初めての子ということもあり、 早く歩く姿に大喜びしたものです。   でも、ハイハイの大切さを知って、 娘にはなるべく長い期間ハイハイができるように促しました。   幼稚園、小学校になった時、 二人の違いを目の当たりにして、 ハイハイの大切さを改めて感じています。   そこで私が実際に子どもたちと接してきた経験と、 学んできたことをテキストにまとめました。   内容は
歩き始めたらもう成長黄金期のハイハイ期には戻れない!・・・ハイハイは全身運動。ハイハイをしていることによって鍛えられる筋肉は腕だけではありません。ハイハイが長いことで大きく3つのメリットがあります。ハイハイの長さは3年後の運動神経にも差がでてくるのです・・・   ハイハイの長さは子どもの未来の性格まで左右してしまうかも?・・・ハイハイの長さが性格にまで影響することはあまり知られていません。ハイハイをしているわが子に関わっている親の対応、反応までも実は性格に大きく影響を与えてしまうのです。   早期教育よりもハイハイの方が賢い子が育つ?・・・ハイハイする時に一番使うのは足の親指。足の裏にはたくさんのツボがありますがその中でも成長に欠かせない○○を刺激しています。早期教育や3歳児神話にだまされないでください!   間違ったあんよへの働きかけは絶対に子どもの成長にNG!・・ハイハイが長いからと無理やり手を引いて歩かせたり、長時間歩行器に乗せるのはちょっと待ってください。成長にも個人差があり、子どもの発達を無視してしまうと、成長してから後悔することになりかねません。   ハイハイが短かった子には必須の絶対やってほしい運動・・・ハイハイの大切さがわかり、兄弟姉妹の中でハイハイが短かったからといって落ち込む必要はありません。ある運動をすることによってハイハイが長い子と同じようにこころ・からだ・あたまをバランスよく刺激することができます。もちろんハイハイが長い子がやるとさらに効果があるのですが・・・
その他にもハイハイについて調べていくうちに、 今まで当たり前だと思っていたことが 実は子どもの成長を妨げている驚くべき事実を知りました。
  90%以上のママがこの間違いに気づかず、 子どもの健康に重大な影響を及ぼしている可能性があることが分かりました。   私も最近知ったため、 過ちをおかしてしまった一人です。   特に現在妊娠中のママや1歳前のお子さんを持つママには 知っておいてもらいたい情報なので、 お届けしたいと思っています。  
  さらに特典として  
5歳までに絶対に読んで欲しい絵本ベスト5冊 今まで私が子どもたちに読んできた500冊以上の絵本の中から、これだけは絶対に子どもに読んであげて欲しいと思う選びに選んだベスト5冊をこっそりお教えしちゃいます。
   
子育ての不安や焦りが楽しみに変わるママの思考術 親は子どもの成長がうれしいものですが、つい他の子と比べてしまって、「まだしゃべらない」「まだおむつが取れない」と一喜一憂してしまいがちです。 でも、この思考術を手に入れれば、 ・もう子どもの成長を他の子と比べるんじゃなくて、わが子のありのままを受け入れられる ・子どもとのかけがえのない時間に気づき、イライラから解放される ・ママ友やお姑さんの言葉にいちいち振り回されなくなる から、毎日が楽しくなっちゃいます。
現在テキストを作成中で、 近日中に販売を予定しており予約受付中です。   販売数には限りがありますので、 確実に手にされたい方はご予約をお勧めいたします。     ※こちらにご登録いただくと、 テキストが完成したときにいち早く情報を受け取ることができます。   ご登録していただいたからといって、 購入確定ではありませんので安心してご登録ください。  

追伸

子どもが成長していくうえで、 どんなママもいろんなことで悩みます。   何にもしなくても時間は過ぎていくし、 子どもは日々成長していきます。   あなたがこのページにたどり着いたということは、 子どものために何かしてあげたいという気持ちが強く、 愛情いっぱいの頑張り屋のママである証拠です。   子どももためにというそのエネルギーをうまく使って、 子育ての悩みを楽しい!幸せにしませんか?